最近FGOのイベントがしんどくなってきた……

スポンサーリンク
ゲーム

今回はFGOの話をしていこう。

前回もFGOがなかなかやる気が起きなくなってきた事を話したが、今回は新しいイベントですら進めるのが辛くなってきたことを話せればと思う。

今回のイベントについて

さて現在はハロウィンイベント「神秘の国のONILAND!!」が開催されている。このイベントは簡単に言うと北海道の遊園地でカムイの黄金というのを集めるというもの。

シナリオはハロウィンということで割りかしギャグよりのシナリオなのだが、なんというかこれが読むのがしんどい。いやこれまでは全然楽しめていたのだけども、夏のハワイで同人イベントでもう行くところまで行ってしまった感があってもうお腹いっぱいなのです。なんならメインシナリオはめちゃくちゃシリアスなのでちょっと感覚が追いつかない感じがある。カルデアがもう存在しないのに、カルデアがある前提で進むのもとてモヤモヤするところ。

あとはもうシナリオ自体もサーヴァントが遊園地ではしゃぐのを観るのはなんか辛い……。 天草とセミラミスがティーポットに乗ってるのもなんだかなぁといった気持ちになってしまう。

そんでもって敵のHPが高い……。2部2章が終わっっているの前提だからか、やたら敵が硬いしバーサーカーが多くてやり辛い。これがまたやる気が削がれるポイント。

ただまぁキャスター酒呑童子は欲しいのでなんとかポイント等など集めなきゃならんのだけど……。

他のゲームが忙しい

いや、これがかなり大きい理由。最近はソシャゲでもとじともやっているし、CSゲームだとレッド・デッド・リデンプション2が発売されてしまったので、空いてる時間はずっとアメリカ西部開拓時代を生きている。ほんとうにRDR2はめちゃくちゃ楽しくて野山で野生動物を狩りしてるのも楽しいし、ギャングを潰しに行くのもたまらない。時間をどっとこちらに使うようになってしまった。

人間が娯楽に使える時間は限られている。そんな中でソシャゲは延々周回を繰り返さざるを得ず、なかなかストレスフルである。今季はアニメも見たいものが多いし、マンガも買い集めたものを読まねばならぬ。そんな中、興味がなかな失せてしまうと、ソシャゲの負担感はなかなか重い。いや宝具スキップとあればもっと楽なのだけれど……。

そうなると、FGOの優先度は最も低くなっているのだが、酒呑童子を宝具後のレベルマにすることはやりたい。こうなると最低のタスクとしてイベントを進めなければいけなくて、仕事でもないのにやらなきゃいけない仕事になってきている感がある。

まとめ

いやタスクとなってしまったFGOのイベントですが、なんとかこれをクリアして自由に放置したいところ。CSゲームの合間を縫ってどうにか終わるまでになんとかしたい。この心の負担感はなんなんだろうか。仕事が終わったというのに、仕事というか作業をし続けるのはとても名状しがたい気持ちになってしまった。

某S川氏のいう、置いていかれる楽しめないユーザーになっているのだなぁと自分でも思ってしまった。ただこの状態続くと、ほかのユーザーも抜けていかないのだろうか。自分にはユーザーをどんどん置いていこうとする現状の運営体制は如何なものかと思うが、まぁただの外圧にしかならないので意味はないのでしょう。

とにかくFGOはメインストーリーを実装して欲しい。シリアスシナリオをやりたいのです。

いつか実装するまで、ぎりぎりの作業をやっていこうかと思う。

 

コメント