2019年面白かったアニメ個人的ベスト10

スポンサーリンク
アニメ

今回は2019年に見てきたアニメベスト10ということでやっていこうかと思います。

いよいよ大晦日ということで今年のアニメを今年のうちにまとめて見ようと思います。とりあえずはまず順位を発表しようかと思います。それではこちら

1.刀使ノ巫女

2.SAOGGO (ソードアート・オンラインオルタナティブ・ガンゲイル・オンライン)

3.SSSS.GRIDMAN

4.ゆるキャン

5.やがて君になる

6.となりの吸血鬼さん

7.あまんちゅ あどばんす

8.ゾンビランドサガ

9.こみっくがーるず

10.色づく世界の明日から

 こういった具合になっております。2018年の秋アニメがすごく豊作で自分好みのアニメが多かった印象。ぶっちゃけ宇宙よりも遠い場所が見終わっていれば、確実に3位ぐらいにランクインしたはずですが、見終わることができず選外となってしまいました。

スポンサーリンク

2018年のアニメ概観

 今年のアニメ、いろんな作品ありましたが、とりあえず2点流れを上げることができるのではないかと思うのでちょっと書いてみようと思います。

 1つ目は女の子のギャグが秀逸な作品が多くなったこと。ヒナまつりやあそびあそばせ、ちおちゃんの通学路、ゾンビランドサガなど秀逸なギャグが光る作品が今年は多かったです。テンポ感も良くライトに楽しめ、配信でながら見がしやすいのもこのような作品が増えた背景かもしれません。

 2つ目は百合作品の増加。女性間の感情描写が豊かな作品がすごく多くなったような気がします。刀使ノ巫女ややがて君になる、となりの吸血鬼さん、映画であればリズと青い鳥など上げればキリがありません。どうしてこうなったのかなかなか推論するのは難しいですが、もしかするとBLにおいておっさんずらぶが生まれ大衆に広く見られたようなことが百合でも起きているのかもしれません。

1位 刀使ノ巫女

やっぱりこの作品が自分に与えた影響は大きかった。いろいろイベントにも行ったし、ソシャゲも始めたし、2.5次元舞台を見に行ったのもこの作品が初めてでした。わかりやすく言うと感情描写のラインは百合っぽいものだけど、物語の構成は少年漫画っぽい、そんな作品です。なかなかこの作品にしか出せない雰囲気で独自の魅力があって、そんな重力に引っ張られ続けて早一年になろうかというところ。まぁ詳しくは刀使ノ巫女の魅力を書いたブログを御覧くださいませ。とにかくかなひよは尊いし。他の登場人物みんな好きっていう稀有な作品になりました。

2位 SAOGGO

2位はGGOです。FPSゲームが好きな私。このように銃を扱う”ゲーム”を舞台にした作品は稀有で、その舞台でこんなに楽しい作品を見させてもらえただけで良かった。銃の描写も細かくてそういうマニア心もくすぐる出来に大満足な作品でした。

3位 SSSS.GRIDMAN

グリッドマンは作品のテーマや演出がすごく刺さった作品でした。毎回その話からどのような展開を迎えるのかを予想するのが面白く、ブログを書くのが楽しいそんな作品でした。作品の読み取り方もいろいろ考えられる作品で、いろんな読み方の意見を見ることができたのもそのクールにアニメを追いかけて良かったと思える作品でもありました。これもいろいろブログで書いてるので、そちらもご覧ください。

スポンサーリンク

4位~ 雑感

5位 ゆるキャン

とにかく冬の澄んだ空気とキャンプの雰囲気が画面から伝わってくる作品で、寒い中友達にLINEを送り合う描写がリアルであるだけでなく感動的でもあってすごく良かった。

5位 やがて君になる

原作から好きな作品で、好きという感情に真剣に向き合う侑から目が話せない作品。

6位 となりの吸血鬼さん

ソフィーと灯、吸血鬼と人間がわかり合って進んでいく姿や寿命の長短ゆえの切なさが際立つ作品でした。

7位 あまんちゅ あどばんす

登場キャラクターが純粋に生を楽しんでいる姿がすごく印象的、新たな登場人物との出会いや挫折も丁寧に描かれていてすごく引き込まれました。

8位 ゾンビランドサガ

めちゃくちゃ突飛な始まり方からさくらの自己の再統一という終わりまでがジェットコースターのようで楽しいそんな作品でした

9位 こみっくがーるず

やはり、女の子が同じところに住む日常系アニメが大好きだと再認識した作品。

10位 色づく世界の明日から

60年前から戻っておばあちゃんになってる琥珀と戻ってきた瞳美が60年前と同じように抱き合うシーンが美しすぎました。いろんな色を取り戻すまでの過程が感動的で素晴らしかった。

最後に

2018年もいろんなアニメがありましたね。

結構見そびれた作品がありまして、できるだけ拾っていきたい所存。とりあえず、よりもいとプラネットウィズは追いかけて見たいと思います。

来年もたくさん楽しい作品が見ることができるといいですね。

コメント